日本人メンズエステ 高田馬場【コーズィー】cozy 体験 | コーズィーされてコーズィー!【メンズエステ体験Vol.26】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

リヴァプールがチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーに0−1で敗戦。一週間前にはプレミアリーグでマンチェスター・シティに勝ち点1差で優勝を逃したこともあり、今回優勝して終わりよければ全てよし!としたかったところですが、、、そんなに甘くありませんね。

レアルは無茶苦茶強かったです。完敗でした。シュート数だけみると『クルトワのセーブがなければ……』なんて考えてしまいがちですが、それだけではないと思います。試合の進め方、決めきる力、終わらせ方。そのどれもがリヴァプールを圧倒してました。それぐらい強かったです。

2週間で2つのタイトルを逃すことになりましたが、今はリヴァプールの選手やスタッフに『ありがとう!』という感謝しかありません。超過密日程で中二日の試合をこなしながら、最後まで四冠の夢をくれた今季はサイコーでした!来シーズンも熱い戦いを見せてくれることに期待しています。

で、、、この感覚(終わりは物足りなさを残したけど、全体的にみると大満足)を最近自分自身も味わったなぁ〜と思い返してみたら、、、メンエスで似たような経験をしたばかりです。

メンエスはヌキがアリ・ナシの焦点を当てられている傾向にあります。ただ、本来は日常では出会わないだろう女性にマッサージしてもらうという非日常感を楽しむ場所のはず。最後の部分で満足すれば100点!ではないのですよ。

まあ、実際に私もアリかナシかで満足度が変わってしまうクソ客の一人ですが、この楽しみ方はどうなの?と思う部分も少なからずあるのです(本当だぜ)。

で、それを再確認したのが、今回ご紹介する高田馬場コーズィーです。

日本人メンズエステ 高田馬場【コーズィー】cozy 体験

cozy ~コーズィー~基本情報

店名cozy ~コーズィー~
場所高田馬場駅戸山口 徒歩1分
TEL03-5937-4440
営時12:00~LAST
料金60分 10,000円〜
URLhttps://www.cozy-takadanobaba.com/

コロナの影響で会議はほぼオンラインですが、会社によっては『対面で!』という空気読まない企業もあり、先日アタクシも久々の対面会議に参加してきました。

会議が予定より早めに終わったことで、さてどうしようかとなります。オフィスに戻るのも面倒&直帰の旨を伝えておいたので、本日は少し早めに終業することにしました!!!疲れが溜まりやすい中年はこうして息抜きしないとね。

ただ、そのまま帰るには勿体ないです。そこで、以前からチェックしていたコーズィーにしました!

早速店舗に連絡する、直ぐに入れるのが手嶋あいりさんとのこと。

ムムム、、、これは良セラピの予感!!直感を信じてそのまま予約し、指定のワンルームマンションへ向かいました。

実際に対面した手嶋さんの印象ですが、HPやTwitterと違和感ありません。つまり美人&可愛いです。そして大きなパイの実。この時点で本日の成功を確信しました。程よいムチムチ感もグッドでございます。

部屋に入って少しだけ会話をし、料金14,000円(90分13,000円、指名料1,000円)を支払ってシャワーへ。

施術内容は至ってオーソドックスで、うつ伏せから足、背中、腕を指圧してくれ、オイル投入後にカエル足、4TBなのですが!!カエル足から事故率が一気に高くなってきました。指圧時点ではド健全マッサでしたので意外です。

何よりオイルを使い始めてからの手先がエロかったです。こちらの反応を見て様々な部分を責め立てられ、途中から如意棒がビンビコビンでした。時折身体に吹きかかる吐息もよき。若さと経験値のアンバランスさにやられました。

そして4TB後には手嶋さんの膝上に座った状態での背面からのCKB&鼠蹊部マッサージが信じられないぐらい気持ちよかっとです。

仰向けになり、手嶋さんが小生の頭上にくると、パイの実がもう間近に。。。!あー触れたいけど、触れられない。そんな距離感を楽しみつつ、デコルテのマッサージでは顔にパイの実が何度も当たりました!うひょ~

そして6と9のスタイルになると、綺麗な桃ともご対面。Tのため、文字通り凝視しておきました笑

最後は紙Pの上から結構ダイレクトに触れてきましたが、紳士らしく黙って手業を堪能です。そして終了のお告げが!

大満足で部屋を出ることになりました。

まとめ

手嶋さんは美人でパイの実が大きいだけではなく、マッサージ中の密着度も高く、鼠蹊部へのアプローチもかなり深くダイレクトに攻めてくるタイプでした。

寛容度は試してないので分かりませんが、そんなことしなくても大満足だったのです。ドアを開けた瞬間から終わって閉めるまで存分に楽しめたので、それで十分かと。また機会があれば再訪してみたいところです。

それではまた!